2017-11-25

<志望動機>なぜ介護業界に転職したいのか?

深刻な人材不足により介護業界では常に求人が出されています。
しかしだからと言って簡単に就職出来るわけではありません。
やはり面接官がしっかりと納得できる内容の志望動機がなければ、いくら人材不足とはいえ不採用になってしまうでしょう。
ではどのような点に気を付けて志望動機を作るべきなのでしょうか。
まず最も大切なことは、なぜ介護業界で働こうと思ったかを具体的に説明することです。
単に、困っている人を助けたいからというようなものだと非常に抽象的で、面接官としては上手くイメージが出来ません。
場合によっては、本当にこの業界で働きたいのだろうかと感じてしまう面接官もいるでしょう。
しかし、実際に介護の経験があり、その経験から介護士になりたいと感じた、というような実体験に基づく動機であれば面接官としても共感できますし、納得もできます
このように抽象的なエピソードではなく具体性のあるものを作るように意識するのが良い志望動機と言えるでしょう。
さらに、もう一つ大切なポイントがあります。
それは自分本位による動機ではなく、他人に貢献したいという動機を語ることです。
この業界は人材不足が深刻です。
そのため求人が多いのですが、単に就職先がないという理由で志望する人が少なくありません。
確かに求職者としても様々な事情があるはずですが、しかしだからと言って自分本位の動機は好ましいものではありません。
ウソをつくことはあってはならないことですが、動機としては他者への貢献を語るのが無難です。