2017-09-25

<志望動機>なぜ介護業界に転職したいのか?

介護業界に入るときには、とにかくしっかりとした面接対策をしておくべきでしょう。
なぜなら、他のどの業界にも増して面接に対するウエイトが上がるからです。
介護士は、利用者と直に接することとなる仕事です。
中途半端な覚悟しか持っていない人やプロ意識の足りない人、他者への思いやりに欠ける人は、面接の時点で弾かれてしまって当然でしょう。
最近の若者は何をしでかすか分からないと考えている面接官もいるはずです。
利用者の安全確保のためにも、おかしな人を採用しないように十分注意していのです。
きちんと相手の目を見て受け答えができるか、笑顔が浮かべられるかなど、細かい点まですべてチェックされていると考えるのが妥当です。
履歴書の書き方からして、すでに戦いは始まっていると考えましょう。
特に志望動機は重要です。
その人の人柄が表れる場所ですから、じっくりと一言一句読まれていると考えたほうが良いでしょう。
人と同じような無難な志望動機しか書けないと、採用確率は落ちてしまう可能性は高まります。
自分が魅力的だと思わせることができなければ厳しいですから、何度も推敲をして完璧なものを作り上げるのがベストです。
少し調べてみれば例文を発見することができますが、誰の真似もせず自分だけのオリジナルな文章を書くようにしましょう。
誤字脱字がないかしっかりとチェックをすることも大事です。
注意力不足ですぐにミスをする人間だと思われては合格もおぼつかなくなります。
ご紹介したような志望動機の重要性を含め、介護職への転職を成功させるポイントは、こちらのサイト<<介護転職は志望動機で勝てる!>>にも載っています。